郡上市エリア「白山ユネスコエコパーク」市民意見交換会の開催(報告)について

Posted on Posted in 白鳥エリア, 高鷲エリア

 

郡上市エリア「白山ユネスコエコパーク」市民意見交換会の開催(報告)について

 

郡上エリアでの「白山ユネスコエコパーク」に関する市民の意見交換会を開催いたしました。

当日は多くの関係団体の方にお集まりいただき様々な意見をご提案していただきました。

概要説明の様子
概要説明の様子

 

意見交換会の様子
意見交換会の様子

 

【 開催概要 】

■ 開催日  平成30年7月30日(月)
■ 時 間  午後7時30分~午後9時
■ 場 所  郡上市白鳥町 白鳥ふれあい創造館 207-208研修室
■ 内 容

①白山ユネスコエコパークの概要説明
②市の取組み紹介(白山ゼミナール、白山文化博物館特別展示など)
③意見交換会(これからの取り組みについて)
■ 周知方法 白鳥、高鷲地域への関係団体へ郵送にてご案内
■ 参加者  白山ユネスコエコパークに関係する自治会、団体、企業などが参加

■参加者数 22名
■ 事務局  市長公室 企画課(2名)、教育委員会 社会教育課(2名)

■ 当日のながれ

【19:30~】 1.あいさつ  郡上市役所  企画課長

【19:35~】 2.白山ユネスコエコパークの概要及び管理運営計画の策定について

【20:00~】 3.平成30年度の郡上市の取り組みについて

【20:05~】 4.意見交換会(2グループに分かれて)
~意見交換会の流れ~
「郡上市における白山ユネスコエコパークの現状の取組みと今後について」
参加者を2つのグループに分けて、提言シートを下に意見交換を行った。
①郡上エリアで、あなたが知っている白山ユネスコエコパークに対する取り組みは?
②現在策定している「管理運営計画」への提案を

【21:00~】 5.閉 会

 

《 意見交換会での主なご意見 》

①現在の郡上エリアの取り組み

~白山の恵みを守る~

●石徹白地域公民館、NPO法人環白山利用管理協力会による白山保全活動(白山清掃登山、外来駆除など)【国立公園内の保全】
●保護地域のミズバショウ管理(獣害対策)
●石徹白のイワナ原生種の保護、禁漁区設定、キャッチ&リリース  (ハップニュー36)
●地域住民による河川、道路の清掃(草刈り)活動
石徹白壮年団の石徹白大杉までの草刈り、便所の掃除
●長良川流域の堤防におけるオオキンケイギク(外来種)の駆除
●岐阜大学と県水産課、石徹白漁協とが連携して河川保全活動(魚種など)を実施
●村間ケ池の保全活動
●市内の小学生を対象とした植樹作業

~白山の恵みを知る~

●白山文化博物館、長瀧白山神社などによる「白山文化」啓発活動
(長瀧神社への参拝者、観光客約2,000人への講話案内)
●市内外における白山文化講座(長瀧神社:年10回ほど)
●地域の子供たちへの伝統文化継承(祭りへの参加等)
●文化財保護の指導活動
●石徹白民謡の継承(地区で民謡教室を実施)
●石徹白小学校「石徹白学」:総合学習”ふるさと石徹白にどう関わるか”石徹白に生きる人々に聞く(H29~実施)
●白山麓全体で唯一中世より続く家、生活を守ること(長瀧神社)
●地元の祭礼等の保存継承
ex) 市内白山神社の祭礼、六日祭り、七日祭り、禊祭り、石徹白おどり、豊年祭などの継承
●2017年度の白山開山1300年記念祭の時に、様々なイベント活動を実施し、白山文化をPRした。
●鎮守の森(神社)の拝殿踊りの伝承
●食文化「ひえぬか粥」の復元

~白山の恵みを活かす~

●NPO法人環白山利用管理協力会:石徹白十三人衆と登山道、山小屋の整備補修を行っている。(白山古道の復元)
●登山道における方向看板の設置
●美濃禅定道のウォーキングマップ作成:白山登拝路の長瀧から阿弥陀ケ滝、石徹白から大杉までを映像化し、マップで閲覧できる取り組み(QRコードで動画閲覧可):白鳥地域協議会

 

②管理運営計画への提案

●ボランティアによる清掃活動を広く募る。
●禅定道を守るレンジャーなどの配置できないか。
●魚が住みやすい川にする。(護岸工事、石積み等)
●村間ヶ池のような自然遺産をどう管理するのが望ましいかを明らかしてほしい。ただ、ほっとくのが自然なのかもとも思う。
●子供がもっと川で遊べるようにする。
①子供は許可証なしで、川で魚を捕ってもよい
②学校、地域等で子供を川へ引率して安全に遊べるようにする。
(水中メガネ、タモなどを準備)
●川で遊んだ子供は多くなると川を大事にする人間になるから。
●登山者、山菜取りの自動車運転のマナー向上のため、「通学路」の標識等がほしい。
●市民参加型で地域行事に参加できる仕組みづくり。
●イベントなどの告知活動をもっと行ってほしい。
●知識のない人や、各種団体などでアピールしやすいように白山BRのことをわかりやすくまとめてもらいたい。(PR用)
●移行地域を郡上市全体へ拡大する。
●交通アクセスを良くする。
●海外旅行者に対する英語表記案内の設置
●白鳥町前谷~石徹白までの140のカーブに表示命名して場所が分かるようにする。
●地域資源を活かしたガイド養成所の設置
●石徹白地域にビジターセンターの設置
●エリア内の小中学校に対するESD教育、エコスクールの導入(国内、海外から)
●木の枝を使った作品づくり(小学生)
●自然物の作品展(一般)
●郡上市教育基本計画に強く盛り込み、より多くの市民に白山を考えてもらう。

 

貴重なご意見ありがとうございました。